TSC21

TSC21の概要

TSC21が解決するBASの問題

通信の問題
  • 既存の中央監視盤のデータが見えない
  • 遠隔地からデータの管理ができない
  • 仕様だけではソフトウエアの実装が大変
  • TSC/com
  • TSC/com
    • インターネットを介したデータのやり取りが可能
    • ソフトウェアとして公開されているため実装が簡単
制御ロジックの問題
  • 制御ロジックやパラメータがどうなっているか分からない
  • ちょっとした変更にお金や時間がかかる
  • その場ですぐ変更できない
  • TSC/prog
  • TSC/com
    • パラメータはロジックとともにテキストファイルに記述する
    • 自分で変更できるので余分なコストがかからない
    • 現場のノウハウを即座に取り入れることができる
データ命名方法の問題
  • 必要なデータを探すのが大変
  • 同じデータなのに建物によって名前がバラバラで、管理が大変
  • TSC/codes
  • TSC/codes
    • 一貫性のある命名方法によりデータ名称の混乱を解消
    • 階層構造になっているため、どの建物のどの機器のデータか特定が容易に
    • 建物ごとの変換テーブルが不要になり管理・運用を効率化できる
蓄熱システム固有の問題
  • フィールド機器の単純な制御機能がうまく働かず、蓄熱空調システムが活用されない
  • TSC/ctrl
  • TSC/ctrl
    • これまでに蓄積されたノウハウを「制御仕様」として公開
    • TSC/progと連携して高度で安定した蓄熱制御を実現